おコメ博士の闇米日記

日本農業(特におコメ)について考えるブログです。とりあえず目指せ100記事。

農学博士の僕が自然栽培の課題解決に必要なことをまとめてみます。

前々回の記事で自然栽培のいいトコロを紹介し、

mroneofthem.hatenablog.com

とはいえ色々と自然栽培にも課題があるので、前回の記事では正直に自然栽培の現状と課題を紹介しました。

mroneofthem.hatenablog.com

となると、じゃあどうやってその課題を解決していけばいいの?というのが気になるトコロ。

そこで、自然栽培の考え方に乗っ取って作られる農作物が多くなった方がいいよね、ってことを前提にした上で、では課題を解決してくために何が必要か?を前向きに考えているのが今回の記事です。

曲がりくねった道のイラスト

 

1)10年単位の時間を確保できる生産者を増やす

農業全般に言えることですが、農業技術を高めていくためにはどうしたって時間がかかります。小松菜だったら一カ月で種から収穫までいけますが、小松菜だけで食べていける人はほとんどいません。ましてや米は1年に1回しか経験が出来ないですからね

「農業技術って、身に着けるの超大変だよ・・・」

ということでIT社会の昨今だと、遠隔作業支援専用スマートグラスなんて言うシャレたものを使って、プロの技術を短い時間で習得するって技術が開発されたりしています。

IT土方のイラスト

www.optim.co.jp

とは言っても、農業は毎年の天候が違うし、育てる作物の種類もたくさんある訳で、経験の組み合わせパターンがとても多い訳ですよ。

なので古い考えのようですが、なんだかんだいって基本的な技術と感覚を身に着けたプロになるには長い時間(僕の感覚だと十年以上)が必要だという風に思っています。

 

で、その十年を確保するためには、十年間最低限の暮らしは出来る経済的状況が必要。

最近だと、農家さんの利益をあげる動きとして、農協を中抜きした直販システムや、栽培プロセスを公開するSNSの利用等が一つの可能性を示してはいます。

SNSをやる人のイラスト(男性)

ただ、現状をみるとそういう新しい技術を上手く使える人は一握りといったトコロ。

同じ方向を向いている生産者が共通して使えるプラットホームがあって、大きな失敗をした時は最低限の補償がもらえる、みたいなシステムがあればなぁと思ったりしますが、継続的にお金の流れを作るのはなかなか難しそうでもあります。インチキを防ぐ仕組みも作らなくてはいけないですからね。

まぁ、簡単に言っちゃうと新しい農協や保険のシステムがあれば、というトコロですね。

 

2)農業のための農学を

農学を学んできた身としてはこの点が実に身をつまされるトコロ。

農学は、農業のための学問のはずですが、業界内の実情は研究費を獲得することや学問的に価値がある新知見にエネルギーが注がれることが多く、今となっては生産現場がとても遠い学問になってしまいました。(昔の論文を読むと農家さんと一緒に研究してる学者も少なくなったみたいなんですけどね・・・)

そもそも、新しい発見がありました!論文が掲載されました!と言っても、その内容が一般の人や生産者の人に理解できる用語で語られる場面がほとんどない訳です。

忙しく仕事をしている白衣の女性のイラスト

なので、もう一度、生産者の人のためになる農学を取り戻したいトコロ。

ただそうなると、既存の科学性(同一環境の実験でない、サンプル数が少ない、統計処理が十分でない、科学論文として発表されていないetc)を薄めることになるので、学問界からは「それは科学じゃない」的な批判を受けることにはなるでしょう。

この点よく考えますが、結論としてはいいトコどりが極めて難しい、というのが個人的見解なので、科学性はある程度捨てて、現場性を重視するってことで割り切ってもいいのかな、と最近は考えています。

 

3)異なる国の農業者や違う栽培方法との狭くて深い連携を。

f:id:mroneofthem:20180225235550p:plain

日本の有機農業の面積割合は0.2%という数字が示しいているように、現時点で日本で栽培方法にこだわりをもつことは、極めてマイノリティになることを意味します。

とは言え、数が少ないことを問題視し、数を増やすことに注力すると、本来重要だったはずの栽培方法の本質やクオリティが薄くなってしまいがち。

まずは似た考えをもつグループ同士で連携し、お互いに切磋琢磨しあう関係性が重要だと思っています。よく、栽培方法のこだわりでバトルがおきちゃいますからね。

戦いのイラスト(棒人間)

なんといっても、今は良くも悪くもグローバルに世界がつながっている時代。

日本の農業者と外国の農業者が容易につながれる初めての時代でもあるのです。

特に協力しやすい間柄だと思っているのは、環境への意識が強く、農業のやり方にもこだわりをもっているヨーロッパ圏。

日本のカルチャーに興味を持っている人もまだまだ多いですし、日本もヨーロッパから仕組みづくり等学べることはたくさんあるはずです。

アジアも肌感覚としては合うと思うんですが、僕の感覚だと、まだ発展途上なケースが多いので、まずは量を優先する時代がアジアでは続くと思うんですよね。

 

と、そんなこんなで、勝手にですが今後の自然栽培のグランドデザインを考えてみました。個人的には2)の農学は何とか出来ないかなぁと思ってるトコロ。

農業において感覚や経験の積み重ねは重要ですが、客観的な情報の積み重ねも大事だと思うからです。

農学博士の僕が自然栽培の課題を3つ挙げてみます。

 前回の記事で、自然栽培のいいトコロを3点紹介しました。

mroneofthem.hatenablog.com

いいトコロばかり書くってのもアレなので、今回は自然栽培の現状と課題を書いてみることにします。なにごとも現状認識してこそのKAIZENですからね。

 労働組合のイラスト(笑顔)

1)栽培技術が確立していない

農業技術には特許という概念がありません。

なので、どのような状態を栽培技術が確立している、と言っていいかは微妙な所。

同じ気候の年はありませんし、どの程度の収量や品質が技術の成功を意味するかは、農業の場合極めて曖昧です。

とは言え、それぞれの都道府県で栽培歴や手引きが公開されている一般的な農法(肥料・農薬の使用を前提にしている)に比べると、自然栽培の技術はまだ確立されている、とはとても言えません。

MANUALのイラスト

現状は、その田んぼの条件や管理者の腕によって、結果が大きく左右される、というトコロ。自然栽培は、「こうやれば上手くいく」というマニュアル型の栽培ではないため、成功した事例をそのままマネすれば上手くいく、訳ではないのが厄介な点です。

それでも、自然栽培稲作にも基本的な要点をおさえたマニュアルがあって、石川県羽咋市岡山市が出しているものはクオリティが高いです。

羽咋市の自然栽培マニュアルを紹介しているブログ↘

http://happybirthcafe.naganoblog.jp/e1659719.html

こうしたマニュアルや経験者の体験談から基本原理を確認しつつ、その土地土地の最適解を見つけることが成功への最も近い道だと思います。

 

2)科学的検証が十分とは言えない

私自身が自然栽培の科学的検証に取り組んだ一人ですが、そもそも農業の評価項目は収量・品質・環境負荷などと多岐にわたり、また評価の手法も様々ですから、一人や二人の研究者で検証できる点には限界があります。

例えば私の場合、自然栽培水田の窒素の循環にフォーカスして、低窒素条件が窒素固定微生物などの特定の微生物を優占させ、収穫によって失われる分の窒素を大気中の窒素固定によって補っている、ことを明らかにしました。

しかし、稲の栽培にとって重要なのは窒素だけではありません。

じゃあリンは?じゃあカリウムは?と言い出せば、キリがなくなってしまいます。

パンチカードを読む科学者のイラスト

現時点では、そうした問いに充分に答える科学的なデータがありません。

科学的検証の進み具合=信ぴょう性、になってしまうと、研究者の数が圧倒的に少ない自然栽培は、その科学的検証が遅れている、と言わざるを得ないのです。

 

3)宗教やスピリチュアルな動機で取り組む人もそれなりにいる

私は必ずしも宗教やスピリチュアルを否定する訳ではありませんが、現代の一般的な日本人にとって、宗教やスピリチュアルは縁遠い存在なのは事実でしょう。

なので、私の友人・知人でも「自然栽培」というワードを聞くと、宗教やスピリチュアルを連想する人が多くいて、多くの場合忌避感をもってしまいます。

なんか「危ない!」匂いがする訳ですね。

霊能者のイラスト

自然栽培に取り組んでいる人たちの動機は様々で、既存の農政の方針や農協体制に見切りをつけた人から、肥料や農薬をあえて使わないでやることに面白さを感じてやっている人、環境や持続性のことを考えてやりはじめた人、家族のアトピーやアレルギーが原因ではじめた人、など十人十色です。宗教やスピリチュアルが動機の人もいます。

特に農業は天候から受ける影響が未だに大きい産業ですので、宗教やスピリチュアルと親和性のある産業なのでしょう。

宗教やスピリチュアルな動機で農業に取り組むのも良いですが、問題なのは「これが正解だ!」と決定してしまって無思考になることです。

そうすればKAIZENはなく、技術が向上することはないからですね。

自然栽培に取り組む人たちには、まさに職人や技術者だな、と思わされる人も多くいますが、一方で無思考に陥ってしまう人もいるようで、そうなると技術改良や品質改善は難しくなってしまいます。

 

そういう訳で、前回はいいトコロがたくさんあるよ、とした自然栽培ですが、現状ではこれらの課題があることも事実なのです。

こうした事実を直視して、楽しく問題解決を図っていくことに、自然栽培の未来があると考えています。